アレルギーの検査方法

アレルギーとは、ある抗原に対して免疫反応が過剰に起こる生理現象です。その種類や症状は多種多様で、遺伝や生活環境の影響などが原因とされています。
代表的な疾患としては、花粉症やぜんそく、蕁麻疹が挙げられ、最近では現代病の一つとして患者が急増しています。

アレルギーを引き起こす抗原(アレルゲン)には、カビやダニ、部屋のホコリ、汚染大気、ペットの体毛など、私達の生活の中に、ごく自然に存在しています。
この様々なアレルゲンから身を守るにはまず、自分自身のアレルギー症状というものをよく知っておく必要があります。
自分の体が何のアレルギーを持っているのか、それを調べる方法の一つに「アレルギー検査」という検査があります。このアレルギー検査は一般の病院、または
専門のクリニック等で簡単に受けることができます。

アレルギー検査には大きく分けて「血液検査」「皮膚テスト」「除去・誘発テスト」の三種類があります。まず血液検査ですが、これは少量の採血をして血液中
に含まれるIgE抗体と好酸球の値を調べ、この数値が高い人はアレルギー体質であるとされています。検査時はほとんど傷みは無く、比較的短時間で検査結果が
出ます。
次に皮膚テストですが、主に「ブリックテスト」と「パッチテスト」で検査を行います。ブリックテストはアレルゲンと思われる物質の抗原液を少量垂らし、
特殊な針で皮膚を5ミリほど引っ掻いて、皮膚の反応をみる検査です。皮膚が赤くなったり、湿疹などの症状が出た時はその物質がアレルゲンと特定されます。
パッチテストの場合は、抗原液を染み込ませた絆創膏を皮膚に貼り、24時間後と72時間後の皮膚の反応をみる方法です。仮に、この2つのテストで明確な反応
が出なかったときは「皮内テスト」といって、抗原液を直接皮内に注射する方法もあります。直接血液に注入する分、反応が出やすいのですが副作用が起こる危険
性もあります。

最後に小麦・甲殻類・魚介類などの食物アレルギーの検査時に行われる「除去・誘発テスト」の説明をします。仮に、食事中にアレルギー症状が出たとします。その
時に食べていた食べ物の中から、アレルゲンと予想される食物を絞り込み、その食物を一定期間(1〜2週間)摂取せずに、体の様子をみます。一定期間後、アレル
ギー症状が緩和されていれば、その摂取制限をしていた食べ物がアレルゲンと特定することができます。これを「除去テスト」といいます。
「誘発テスト」はこの除去テストの後に、今度は逆にアレルゲンと思われる食物を少しずつ与え、アレルギー反応が出るか調べるテストです。ただし、薬物アレルギ
や喘息アレルギーの人は重篤な症状が出る場合もあるので、入院が必要になることがあります。よく食物アレルギーを引き起こす食品(卵、乳、小麦、そば、落花生
、えび、かに)には、食品衛生法施行規則で「特定原材料」であることを表示することが法律で義務付けられています。

現在、日本人の30%は何らかのアレルギーを持っていると言われています。いつどこに潜んでいるかわからないアレルゲンから身を守るには、このような検査を受
けることが必要です。熱は無いのにくしゃみや咳が止まらない、急に発疹が出た、などの症状が出たときには、是非アレルギー検査をお勧めします。